« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月22日 (木)

今日の試合




五輪出場が決まったU-22サッカー日本代表だけど、今日の試合で誰がすごかったかって、この寒い中終止スーツでベンチにいた反町監督だよ。



いいなあ、INFOBAR2。特にNISHIKIGOI。auにしたくなるよ。



人気ブログランキングへ

2007年11月19日 (月)

BALANCED FOOD




ここ二ヶ月ほど平日に限ってだが、朝、昼とご飯を抜いて夜だけ食べる1日1食生活を続けている。少なくとも2年くらいは続けてみないと本当のところは見えてこないと思うのだけれど、今のところ大変体調がいい。このような生活に変えたのは、どうもご飯を食べた後って、満腹感から頭はぼーっとするし、眠気は出てくるしで、やらなきゃいけないことがあるときにそれは大変邪魔だと感じていたからだ。特に昼ご飯を腹一杯食べてしまったあとの午後3時あたりなんかは死に体だ。それが1食にしたことによって有意義な時間を過ごすことができている。話には聞いていたが、消化って本当にエネルギーを使うことなのだなあと実感。


とはいうものの、腹が減らないわけじゃない。まあ、大分慣れてきたけど、それでもどうして
もお腹が空いたときにはカロリーメイトだ。僕は高校くらいから生粋のカロリーメイターで、これが大好きなのだ。大塚製薬の本社ビルの鉄筋6本分くらいは僕が貢献している、と言ったら過言だけだけど、相当食べていることは事実。で、最近は常時このくらい家にストックしておいて常に持ち歩いているんだけど、あまりにおいしくてお腹が減ってないときでも食べてしまいそうになるから困ったものだ。1日1食で我慢することより、持っているカロリーメイトを食べないようにすることの方がよっぽど辛い。


1食にしてからどんどん体重が落ちて今は2ヶ月前より6キロ減で安定期に入った。これは僕に取っては副産物的な結果でしかなく、むしろ通常でさえ10キロから15キロ、標準体重より軽かったから、これ以上痩せるのは勘弁なんだけど、体調がいいんだからしかたがない。標準体重が間違っているとしか思えない。



しかし、世の中にはダイエットで大変苦労している人がけっこういるらしいけど、なぜそんなに苦しんでいるのかわからない。好きなものを食べながら楽してダイエット!とか我慢無しで1ヶ月5キロ減量!とかバブル期のように景気のいい言葉が並んでいるダイエット法やダイエット本があるけど、ようは食べなきゃいい話じゃないか。

とか書くと「NISHIFUJ1はダイエットの辛さがまるで分からない人でなしよ!」と世の女性から罵詈雑言浴びせられ、ただでさえ少ない(と予想される)このブログを見てくれている女性を減らしてしまいそうだけど、金銀の斧を貰えるくらい正直ものなんだからしょうがない。正直な人って素敵ハートマーク、という女性がいることを期待しよう。ナイスポジティブシンキング。


僕が見る限り、ものすごく体重とか体型とか気にしている女の子ほど、別に気にする必要ないじゃんというレベルで、むしろ、少し気にした方がいいんじゃないと思う人ほど……。


とか書くと「NISHIFUJ1は人を見かけで判断する鬼畜よ!」という声が聞こえてきそうだけど、人は見た目じゃない、とか言っている人が、こと自分のことになると、ものすごく太ることに抵抗を感じていたり、ダイエットのことばかり考えている、ってのもよく見られることだね。


さて、今日のエントリは一体何人に共感を得られることやら。



人気ブログランキングへ

2007年11月17日 (土)

久しぶりの味。

普段、ほとんど炭酸を飲まないのだけど、今日はなぜかドクターペッパーを買って飲んだ。自販機で炭酸を買うこと自体半年ぶりくらいな上、ドクターペッパーに至っては10年ぶりくらいだ。

すごくおいしかった。


久しぶりにドクターペッパーを飲んで思い出したのだけれど、僕が愛して止まないチャッパチャプスに、昔チェリー味があったんだよね。たしか3年くらい前。数あるチュッパチャプスの中でも群を抜いておいしかったのに突然なくなっちゃったんだよね。再販しないかなあ、チェリー味。ドクターペッパーにチェリー味って、ものすごく合うよ、きっと。

2007年11月 7日 (水)

靴を脱いで考えてみる

飛び降り自殺する人ってなんで靴を脱ぐを脱ぐのだろう。あっちは土足厳禁なのだろうか。


居酒屋などで、靴を脱いで店内に入るところがある。靴を脱いでくつろいでもらおうって趣旨なのだろうけど、面倒くさいし、混んでいると靴箱が空いていなかったり、靴箱の鍵をどこにおいたかよく忘れてしまうのであまり好きではない。穴が開いた靴下を履いてきてしまったときなんかそれを隠し通そうと飲み会どころではなくなってしまうし(大袈裟)。


高層ビルの上で、いざ自殺しようと靴を脱いだら、靴下に穴が開いていた、なんてことがあったら僕だったらとりあえずその日はなしにすると思う。あ、そうか、飛び降り自殺抑制のために、誰かが靴を脱ぐことを考えたのかもしれない。


靴下メーカーがこっそり生地を薄くすれば、飛び降り自殺は減少するかもしれない。



人気ブログランキングへ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »