« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

椎名林檎LIVE@さいたまスーパーアリーナ





椎名林檎 (生)林檎博'08 ~10周年記念祭~に行ってきた!


会場入りした瞬間、AXかBLITZくらいのキャパで見たいなあなんて、ステージとの距離に嘆息ついて贅沢なことが頭によぎったけど始まったらそんなの関係なかったよ。いや、むしろ大掛かりな照明や舞台演出はアリーナレベルでしか体感することができないもので、ステージとの距離なんて、どうでもよくなりました(かなり見やすい位置ではあったけど)。しかもしかも、やっぱりアリーナとライブハウスでは、その力量もその会場に合わせてのものになるだろうから(小さいキャパで手を抜くということではなく)、大きな会場ならではの、大きな椎名林檎がいました。


隅々まで行き届いた演出に、ライブというよりは、椎名林檎劇場のお芝居を見ている感じで。だってステージ上部に付けられたオーロラビジョンに映し出される抜きの椎名林檎の映像にすら演出意図が感じられるんだから。普通オーロラビジョンて、会場の後ろの方にいる見えない人のための救済策、ってのが一般的な認識じゃん。それが、あの画面にすらカメラの構図だとかスイッチングだとかもこだわりが感じられて。アップ一切無し!みたいな。


いや、偉そうなことはもういいですね。それでは。

2008年11月16日 (日)

スイングする者と、しない者




室温に熱感知に床には圧力変化を感じる装置がついているセキュリティー万全の部屋に、換気ダクトから侵入に成功するイーサンなわけだけど、なんでそもそも換気ダクトがついてるのよ。こんなセキュリティー対策万全の部屋に。ネズミは入れちゃうんだー。とか、そういうところをあれこれ言う映画じゃないっすよね。



さて、11月半ばです。みなさん、スイングしてますか?スイングした人もしてない人も、打席にまだ立っていない人も、まあ、頑張って行きましょう。


とりあえず僕は、年内フルスイングを目指して全力投球していきます(バッターなのか、投手なのかどっちよ)。







2008年11月14日 (金)

君はスナドリネコを見たか

漢字で書くと、漁猫と書くそうです。知りませんでした。


先日放送されたNHK「ダーウィンが来た!生きもの新伝説 」けっこう前からチェックしていたのに、見忘れて、なんとか再放送枠で見る事ができた。そのときの回が「スナドリネコ」。


いがらしみきお「ぼのぼの」でおなじみスナドリネコさんです。名前からして一筋縄ではいかない雰囲気ですが、スナドリネコの生態は予想通りすごくおもしろかったです。漁るとはつまり、漁をするの意であって、文字通り、漁をする猫です。猫なのに水が苦手ではなく、泳ぎがむちゃくちゃうまいです。



小学生のとき、「ぼのぼの」読んで、スナドリネコさんが出てきた時、「鳥なのか、猫なのか、どっちなんだよ」という名前の疑問が、ようやく晴れました。




2008年11月11日 (火)

HBMに行ってきた

行ってきました、HBM。


まずは会場の様子。熱気すごいです。















エボシの子供たちに、WC個体。



こちらもたしかWCだった気がする。




















そして、そして!タマオヤモリ!!初めて知ったはいつだったかなあ、たしか中学生の時に購入した爬虫両生類飼育図鑑の中。なんてカワイイんだと衝撃を受けたのが初めてだったと思う。実物を見たのは、今回が初めて。この瞳は卑怯でしょう。ねえ。














半年くらい前から、ケージやら保温器具やら床材やらはセットされていて迎え入れる体勢は万全、今回、レオパかソメワケ狙いで行ったんですが、結局一人で帰ってきました。気になる個体がいなかったわけじゃないけど、いや、むしろそういう意味じゃ、いいなあと思うものばかりで、ブリーダさんはすごいなあ、と感心しました。価格的にも良心的だし。それでも、いざ迎えるとなると、まだ決心ができず……。それでも見ているだけで胸躍る空間でした。





2008年11月 4日 (火)

F1ブラジルGP





なんでしょう、最後のあの出来過ぎな展開。ドラマだったら、そんな馬鹿な、な話だよ。

ハミルトンに対してはシーズン後半色々と批判も出てたけど、ファイナルラップ、最終コーナーであのドラマが生まれたところを見ると、ちょっとこれはハミルトンがチャンピオンになっても文句はいえないでしょう。チャンピオンになる人物が持つ「技術」以外の部分がばーんと炸裂した感じ。




しかし、僕はラスト5周で寝てしまったのであのドラマを見ていません。朝起きて、つけっぱなしのテレビに小倉さんが映っていて後悔して、結果を見てさらに後悔。



« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »