« ザッタ、ザッタ、ザッタ | トップページ | 第5回ビートーク更新 »

2009年4月26日 (日)

今シーズン最後はかぐらで。

今日も元気だスキーが楽しい
ワンツースリーでリフトに乗れば
滑れる滑れるおっとっと
いつでもスキー どこでもスキー
シュプール描いてどこまでも!
イエーイ!!


スキーの純粋な楽しさが眩しいくらいめいっぱい詰まっているということで教科書にも載っているととか載っていないとかでとても有名な一節だからもちろんみんなも知っているだろうけど、一応説明しておくと、これは僕が小五の時にスキー合宿に行った時、夜に部屋毎に出し物をやることになり僕らの部屋が考えたのがこの歌でした。スキー合宿といっても、学校とかで行ったやつじゃなくて、スキースクールの合宿だったから友達1人もいなくてもう最初の夜なんか泣きそうになって、しかも隣りの部屋のやつに目つけられてみたいなことになって精神が崩壊しかけた僕の心をつなぎ止めたのが夜の出し物であり、この歌だったんだよね。出し物を考えるということでみんなが一致団結しあって、最終日はもうがっちり肩を組くらい仲良くなって……って今日はこの思い出話をしたいわけじゃない。今シーズン滑り納めにかぐらに行って来たという話です。それにしても、未だによく覚えてるよなあ。ちなみに2番もあるし、振り付けもあるよ。あ、聞いてない?そうですか。




concourse mixer16日の夜、出発。東京ではとうに散ってしまった桜が新潟じゃちょうど満開でした。それもそのはず昼の気温は東京とそれほど変わらないけど、朝晩の冷え込みはけっこう強烈。夜に買ったおにぎりが朝目を覚ますとシャリシャリに。ご飯だけに、って。あ、そういうのいらない?そうですか。










concourse mixerさすがかぐら、この時期にして積雪は十分。さあ、行くぜラストスキー!
完全に春めいた陽気だけど、朝晩の低い気温のおかげで10時前までは引き締まったバーンで滑ることが出来た。でもそのあとはもうグシャグシャシャバシャバシャリシャリ。ウエアなんて着ている場合じゃない、ロンT1枚で十分。















concourse mixer晴れた冬の午前中なら遠くの景色も澄み渡って見えるのに、ごらんのように霞んじゃってるよ。春だねー。











concourse mixerエクストリームスキーじゃないんだから、さすがにこんなところは行かないよ。って思っていると、アメリカにはこの看板を地でいくスキー場がある。Silverton Mountainなんだけど、崖からスキーヤーが落ちてるところをスキー場のマークにしてるって、どうかしてるよ。

















concourse mixer気温が上がってきてもうどうしようもなくなったので、スキーはお昼に切り上げて今シーズン終了。帰りはいつものように、いつの間にか今シーズンのテーマソングになっていた好きでも嫌いでもないキマグレンの「LIFE」を車中で熱唱して関越を東京方面へ。ああ、ドクターモリ、今シーズンは何度も顔を合わせたなあ。しかしそれもしばしのお別れだ、と感慨に耽っていると渋滞。びっちり渋滞。月夜野ICから乗り込んだはいいけど、なんでも次の沼田ICで通行止めになってるー。なにそれー。キマグレンなんか馬鹿みたいに歌ってるからだよ!とドライバーを罵るも時既に遅し。もうこうなったら、好物の上里SAてんや限定メニューの「赤城鳥のささみ天丼」食べるっきゃないよね!!みんなも関越乗って上里寄ることがあったら、ぜひこれは食べた方がいいよ。渋滞のいらいらが吹っ飛ぶほどおいしいから。あ、ごめん、写真はないけど。












concourse mixer2キロ進むのに1時間半かかるという最悪の事態。おいおい、ドクターモリどうにかしろよ!!と八つ当たり。まさか森氏も渋滞を自分のせいにされているとはしるよしもないだろう。しかし、車中ではドクターモリの好感度はみるみる下がるのであった。










concourse mixerおしまい。














« ザッタ、ザッタ、ザッタ | トップページ | 第5回ビートーク更新 »

雪山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザッタ、ザッタ、ザッタ | トップページ | 第5回ビートーク更新 »