« 今後の更新予定 | トップページ | 2009最後の18きっぷ旅・後編 »

2009年9月26日 (土)

2009最後の18きっぷ旅



残り2回の18きっぷの使い道に困った我々は、もう日帰りで行けるようなところは行き尽くしたし……、それならばと一泊二日で一気に消化してしまおうと考えたのが今回の旅。行ったのはもう大分前のこと、多少長くなると思うけどよろしくお願いします。



$concourse mixer9月某日、旅の出発を明日に控えた我々は、深夜、立川のカラオケ屋にいたのでした。久々のオールナイトでカラオケ。旅の前日になぜ?ってそりゃ……。











$concourse mixer5時15分の高尾発大月行きの電車に乗るためです。都内からじゃこの列車に間に合わないんです。つーことで中野住みなのに、立川に前泊。なんだよこれ。布団で寝たいっつーの。通されたのが幸い広めの部屋だったけど、いくら次の日4時起きっていったてそこはやっぱり歌うでしょ。井上用水熱唱。傘がない熱唱。旅の門出にふさわしいね。ということでほとんど寝ずに高尾駅着。なので、中央線は爆睡。まあ、甲府まではついこの間『サマーウォーズ』見にいく時に通っているしね。ぐー。














$concourse mixerぐー。ハッ!と起きると松本駅。早いよー。各停だって始発で来れば9時前には着いちゃうんだから。松本も余裕で日帰り圏内だな。ここからは大糸線。今日のメイン。大糸線は途中まで北アルプスに沿って走っているので、眺め抜群だろうと期待大。しかもスキー場もいっぱいあるし下見ってことで楽しみ楽しみ。どのくらい浮かれていたかというと、この僕が駅弁を買ってしまうくらいの浮かれよう。今までさんざん鉄道の旅してきたけど、駅弁買ったのなんて本当に1、2回じゃないかな。で、なんの駅弁を購入したかというと……。






$concourse mixer   $concourse mixer


ますの寿司でございます。僕は会社行く時は必ずサンクスでますのおにぎりを一個買って出社するほど、ますのおにぎりが好きなんだけど、なんとこれ、こんなに食べれちゃう!もう我慢できない!!(ケロッグコンボ)ということで、いただきます。

……。

……。

ちょっとこれ、多いよ。半分でいいです。飽きます。多分これ、2、3人で食べるもんだね。独り占めしようという卑しい心に罰が当たりました。でも、同行している友人がいくら食べたそうな目で見てきても無視。もうむり~と言いながら平らげてやりました。俺の胃袋は宇宙だ。ざまーみろ。








$concourse mixer   $concourse mixer



お腹を満腹にしていい気持ちで車窓を眺めていると、白馬に近くなるにつれいよいよ出てきますスキー場群。2009シーズンは白馬行きたいなーと、雪のない斜面に目を凝らして、ゲレンデの傾斜や特徴を頭に叩き込んでいきます。この予習が次に滑るときに効いてくるんです(ほんとかよ)。左の写真のスキー場は……ごめん、忘れた。右の写真は青木湖の向こうだから、鹿島槍と青木湖、さのさかスキー場かな。ここまでくればもうじき……、






$concourse mixer



白馬八方尾根スキー場!やっぱり段違いの大きさだね。白馬に来たからにはここは途中下車せずにはいられんでしょう、ということで周辺をぶらり。八方尾根は大学の時、二泊三日で一度だけ来たことがあったけど、あのときは俺、あまちゃんレジャースキーヤーでした。八方がいかにすごいかと全然知りませんでしたから。今シーズンは行きたいな。そして雪降ってね、と友人に雪ごいのアホな踊りを踊らせて、再び電車に乗り込みます。





$concourse mixer


いやーしかし、この日は天気がよくて本当に気持ちよかったですよ。本当は白馬の手前、信濃大町から富山に抜けて黒四ダムもみたいなーとも思ったんだけど、今回はそういう旅ではないのでそこはぐっと我慢して大糸線に揺られて北上します。




$concourse mixer


さて、ここは大糸線の途中の駅、南小谷駅の前に流れる川です。大糸線はここでJR東日本とJR西日本に管轄が別れ、またここから先は僕の大好きなディーゼルになるのです。でも、管轄が変わるということは、そう!接続が恐ろしく悪いので、ここで2時間近くの待ち。川原でほんとになーんもせずにぼーっと過ごしました。だって、駅前になんも無いんだもん。水切りしたり読書したり虫捕まえたり、使い道に困ってどうしようもなくなった小学生の夏休みの過ごし方、みたいな過ごし方。



$concourse mixer   $concourse mixer


どうにか時間を潰して入線してきたのはオンボロディーゼル。Dだぜ!D!現役のディーゼルの中でもかなり古い代物だとか。そのためか、一両の列車の中はウン十万するカメラを携えた撮り鉄の方でいっぱいだし、沿線にも三脚立てている人がかなりいた。僕がディーゼルが好きな一番の理由は、心地よく寝れるから。多分、音と振動が絶妙に僕の体にマッチしてディーゼルに乗ると、のび太の如く一瞬で寝ます。ただ今回は日曜ということもあって観光客いっぱい、あまりのんびりという車内の雰囲気ではなかったので少々残念。ま、寝たけどね。そうこうしているうちに、終点糸魚川。フォッサマグナがどうとかでヒスイが有名なんだって。へー。駅から10分くらい歩いて日本海見て糸魚川観光、終わり。



このあとは北陸本線で直江津駅まで北上して、直江津からは信越本線に乗り換え、本日の宿泊地、長野に到着したのが、夜の7時。無事に今日の行程終了。行程は無事に終了したんだけど、この長野の夜が一筋縄じゃいかなくて、物議をかもしてあやうく友人とつかみ合いのケンカになるところでした。なりました。流血騒ぎでした。うそ、誇張しました。その話は、次回のスキー場巡りの旅後半戦で(いつからスキー場めぐりの旅になったの?)。







« 今後の更新予定 | トップページ | 2009最後の18きっぷ旅・後編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/39290813

この記事へのトラックバック一覧です: 2009最後の18きっぷ旅:

« 今後の更新予定 | トップページ | 2009最後の18きっぷ旅・後編 »