« サマーウォーズ@甲府武蔵野シネマ5 | トップページ | サッカー日本代表欧州遠征 »

2009年9月 2日 (水)

映画での食事シーン

もう少しだけ『サマーウォーズ』。細かいことを上げれば、この映画、それどうなのよ!!っていう粗はけっこうあるように思えたけど、カタルシスもかなりある。そういう意味でいうと『時かけ』よりも俺は好きかな。ただ、何度も見返したくなるのはどっちかっていうとこれはまた別の話で。そうそうOZのアイツの設定って、冨樫義博の『レベルE』の2巻出てくる魔王にかなり似てるなって思いました。だって魔王ってドグラ王子が○○を与えて出来てるわけじゃない。そういうことでいうとOZのアイツも……。



僕は映画に出てくる食事のシーンが大好きなんだけど、それは映画における食事って、生きる希望だったりセックスだったり人間の欲望だったりが分かりやすく象徴されていてるからで『サマーウォーズ』にもあります。有名なところじゃジブリ映画には随分とあるし、『ゴッドファーザー』にも『羊たちの沈黙』にもあと『グッド・フェローズ』にもあったっけ?うろ覚え。で、僕が好きな食事のシーンは『ミュンヘン』の食事のシーンなんだけど、これがまた本当にまずそうに食べるわけ。テーブルいっぱいに並んでいる料理はどれも手の込んだうまそうなものなのに、ところが登場人物が食べているのを見ていても全然うまそうに見えない。これは、これから人を殺さなければならないっていう状況においていくらうまい料理が並んでたってそんなのうまいわけあるか!っていうのと、妙に緊張感が孕んでいるようにも見えてすごく好き。あ、これはアヴナーたちモサドの仲間と食事をするシーンだけど、もう一つルイのパパに食事に招かれるシーンてのもあるね。この映画においてはこっちの食事シーンの方が重要だけど。



映画における食事シーンを詳しく解説した本があったらぜひ読みたい。あったら教えて下さい。

« サマーウォーズ@甲府武蔵野シネマ5 | トップページ | サッカー日本代表欧州遠征 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/39290818

この記事へのトラックバック一覧です: 映画での食事シーン:

« サマーウォーズ@甲府武蔵野シネマ5 | トップページ | サッカー日本代表欧州遠征 »