« スペル@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ | トップページ | アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち@吉祥寺バウス »

2009年11月26日 (木)

エスター@渋谷東急

$concourse mixer-DSC00474.JPG怖くてもう耐えられない!って席を立ちたくなったことは初めてでした。




以下多少ネタバレ含むので、これから観るっていう人は読まないほうがいいと思います。多くをネタバレするつもりはないのですが、この映画は一切の情報を入れないで、それはあらすじすらも知らないで観た方が絶対おもしろいので。



平日の朝一ということもあってガラガラ。調べた限り全国でここだけしかもうやってなかったのになにこの人が入っていない具合。僕はこの映画全然知らなかったのですが、信頼出来る映画ライターの人がおもしろいと言っていたのを聞いて、まったくどんなストーリーかもわからず、ホラーとすら知らずに行きました。



で……、今年観たホラーの中で一番怖い!怖いだけじゃなくて、おもしろい!
冒頭の設定にかなりの時間を割いていて、それなのにもかかわらず決して説明的でなくちゃんと飽きさせないように工夫が見えます。そして中盤にさしかかると、もうずっと恐怖の連続。ベタな表現で、怖いもの見たさを描くとき、手で顔を覆って指の隙間から伺うってしぐさあるでしょ?あれ、実際に僕はこの映画を観ていて怖い場面にさしかかるとやりました。もうね、直視できないの怖すぎて。絶対起こっちゃだめなことが起こるのはわかってんだもん。でもここ見逃したらこの映画観てる意味ないし……。終止、そんな調子。



小説でも映画でもそうだけど、僕の持論で、どんなストーリーだろうが、事前にまったく知らないほうが楽しめるって思っているのですが、よく宣伝で「衝撃のラスト!」とかやるでしょ。そんなこと言われたら、そこで何かが起こること、大どんでん返し的なことが起こるんだなって分かっちゃうからつまらなくなるのは当たり前で、だから一切、あらすじすらも知らない方がいいと思っているんだけど、今回の『エスター』もまったく内容知らなかったからその衝撃たるやすごかったです。本当に観るつもりなら、これ以上は読まないほうが絶対いいです。ていうか観ろ!だから読むな!!







えーと、つまり最後、シャマラン的なことが起こるんです。ただね、僕がいいたいのはその結末もすげー!!!んだけど、そうじゃなくて、そこまでに至る伏線やストーリーの運びがこの映画はすごいの!それまでのストーリーの綻びや脚本のダメさをラストの衝撃だけでどうにかしようっていうクソみたいな映画もあるけど、そうじゃないです。ちゃんと丁寧に描かれた上でのラストです。



あ、観終わった後は感じは、『ミスト』に似てるかなー。ほら、もう分かってきちゃったでしょ?だから読まなきゃいいのに。



『グラン・トリノ』でも『レスラー』でも『ダークナイト』でもプログラム買わなかったのに、この映画で買っちゃったほど僕は気に入りました。そのプログラムが写真のやつ。でも後悔。だって、部屋の片隅にエスターがいるんだもん。もう見たくないって……。



ほんとはこの映画観た後、早稲田松竹で『3時10分、決断のとき』と『レスラー』観にいく予定だったのがいけなくなるくらい疲れちゃいました。なので、そのかわりってわけでもないけど、今週末の「TAMA CINEMA FORUM」行くことにしました。多分、三本観る。

« スペル@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ | トップページ | アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち@吉祥寺バウス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/39290805

この記事へのトラックバック一覧です: エスター@渋谷東急:

« スペル@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ | トップページ | アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち@吉祥寺バウス »