« エスター@渋谷東急 | トップページ | TAMA CINEMA FORUM »

2009年11月28日 (土)

アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち@吉祥寺バウス

今日は明日のTAMA CINEMA FORUMのために実家に帰ってきました。見ないうちに調布駅がすごいことになってました。


さて。


今日は『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』だぜ!もう泣けた泣けた。僕はメタルは全然知らないし、アンヴィルも名前くらいしか知らなかったのですが、感動しました。ストーリーとしては、ほんの一時名声を手に入れたけどもう売れなくなったメタルバンドがもう一度その栄光を取り戻す物語、なわけだけど、それだけじゃないのだ。


もうさ、スーパーでバイトしてるところで泣けるよ。日本じゃ何万人て人の前でライブやった人間がだよ。でも、きっと、だからこそ、今の今までバンドをやり続けてるわけだよ。あの大歓声に取りつかれているわけで。あれ、これってなんかで観たような……そうです!ミッキーローク主演の『レスラー』じゃん!彼もまた、昔の声援が忘れられなくて、そしてそこでしか生きることができずにリングに上がっているんだけど、アンヴィルもまたそれと同じ。


彼らはヨーロッパツアーへと出るわけだけど、ダメなマネージャーのせいで電車には乗り遅れる、満席で乗れない、ギャラは支払われない、一万人のフェスと聞いていたのに、150人の体育館でのライブ……等々、まあどこまでもいい環境でできないわけです。



それでも彼らはあきらめず、次はきっといい環境で、次こそはたくさんの観客の前でとバンドを続けていくその姿勢に、僕は涙が止まりませんでした。普通、映画ってぐうーっとこみあげてきたところがあったら、少し落ち着いてそしてまた盛り上がってという波があるけど、もちろんそういう風に緩急をつけて脚本が書かれているからだけど、中盤からずーっと泣けて泣けてしょうがなかった。


真摯に夢を追いかける姿、あきらめない姿、けれど現状とその夢とのギャップはあまりにも大きく……。それでもちょっとでも前へと進もうとする姿はどうしたって感動するじゃない。


アンヴィルを知っている人、音楽をやっている人だけじゃなくて、夢を追いかけている人、追いかけたことのあるすべての人に当てはまる物語です。



だからほんとこの映画は『レスラー』に近い。近いんだけど、ある点においては対極的なところもある。それは『レスラー』のランディにはあの先がないってことで、いくらリングに上がろうがもう未来は絶対にないし、栄光すらも戻ってくることはないんだけど、アンヴィルにはあるわけです。あきらめない限りまだまだずーっと未来があるわけです。だからこそ、あのラウドパークへとつながっていくと。

そしてもう一つ、アンヴィルには戻る場所、家族という帰る場所がちゃんとあるんだよね。




この映画のおかげかどうか知らないけど、アンヴィルのCD好調みたいですね。

« エスター@渋谷東急 | トップページ | TAMA CINEMA FORUM »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/39290803

この記事へのトラックバック一覧です: アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち@吉祥寺バウス:

« エスター@渋谷東急 | トップページ | TAMA CINEMA FORUM »