« 今シーズン初スキー@かぐらスキー場 | トップページ | HAKUBA47 »

2010年1月 9日 (土)

斑尾高原&タングラムスキー場

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。



さて、いまさらですが年末年始の話。年越しカウントダウンは雪山に籠っておりました。


30日の夜、出発。この時点で行き先はまだ決まっておらずとりあえず関越のって、我らが上里SAに寄りましてで侃々諤々。上里SAは上越地区のスキー場情報が集まっている前線基地ですからね。って、今年の俺にはそんなの必要ない。なぜならtwitterが最強の前線基地になったから。先シーズンもやっていたけど、その時はまだフォローもフォロワーも少なかったし。しかし今回はフォローしている中に力強い雪山クラスタのみなさんがいるし、検索かければリアルタイムで現地のつぶやきが知る事ができるので正直公式HPなんかの情報より全然使える。みんなtwitterやるべき。この話はまた今度詳しく。というか俺の知り合いでやってる人いないんだけど、何?みんな内緒でやってるの?俺に教えたくないだけとか?


今回はいつものように日帰りじゃないから遠出しちゃおうってことで、奥只見とシャルマンいっちゃうかーってなったんですが……


$concourse mixer出発前のかぐらの天気。ごらんのように荒れ模様。かぐら以外もどこも似たような降雪予報でした。なぜなら大寒波が来ていたため。そしてニュースでもさんざん流れた通り、年越しは日本海側を中心に大雪になるわけですが、奥只見も、特にシャルマンなんかそのど真ん中なためこれはちょっとやめておこうと行き先を長野の斑尾に変更。そして元旦天候がよくなりそうならシャルマンに行くという計画に。





$concourse mixer野尻湖近くのコンビニで車中泊。朝起きると、あれ、快晴じゃん。たしかに西側は雲があるけど今のところはまだ大丈夫そう。雪景色を見てテンション上げながら斑尾に向かいます。












$concourse mixer



到着。斑尾は共通パスを買えば隣のタングラムスキー場も滑れるで、共通1日券購入。積雪もそれなりにありそう。引き締まったバーンでコンディションはなかなかよさげ。天気もいいいし、って4時間後に地獄を見る事はこの時点ではまだ知る由もなかったのです。後から考えたら二日間通して晴れていたのはこの時だけだった。




$concourse mixer                   
      $concourse mixer








今どき珍しいシングルリフトで頂上に向かいます。それにしても家族連れ、子供が多いゲレンデ。久々に来たな、こういうファミリーゲレンデ。

ゲレンデの写真はここまで。なぜならこの後天気予報の通り、強烈な低気圧が接近、猛吹雪になったからです。どのくらい猛吹雪かというと山頂付近のコースは、自分が滑って出来たトラックは10分もしたら新雪で消え失せ、ホワイトアウトで平衡感覚を失うほど。どっちが山側でどっちが斜面かもわからず白だけの世界に頭がクラクラして酔ってしまう状態。ゲレンデなのに遭難しそうな勢い。あれ、ゲレンデじゃなかったらパニックになりかねなかったわ。見てる世界すべてが白で視覚が馬鹿になるっていうけど、ほんとに定期的にウエアの濃い色を見ないと色が認識できなくなるのね。知識としてそうなることは知っていたけどあそこまで強烈だとは。いい体験だった。



もうこの状況じゃ滑れないと1時過ぎ下山。すると……




$concourse mixer



な、なんだよーこれ!雪降り始めて二時間半くらいでこの状態に。で、ここから地獄。スタックしてしまい駐車場出る事ができず。雪かきしてもしても、してる間に降り積もって無限地獄。小一時間格闘の末、最終的にタイヤの空気圧を抜いてなんとか脱出。が、街までの一本道も除雪が間に合わずスタックしてる車やら除雪車と行き違いできなかったり渋滞。缶詰。




$concourse mixer   $concourse mixer


気温マイナス5℃とかそういう環境は並じゃないね。フロントガラスについた雪が車内の温度で溶ける→一瞬で凍り付く→溶ける→凍る、の繰り返しでフロントガラスは左の状況に。定期的に氷を落とさないとおちおち運転も出来ない状態。こわい!





$concourse mixer   $concourse mixer


どうにか無事に麓まで戻ることが出来てコンビニで、明日の作戦会議。ここでもtwitter大活躍。「明日のシャルマンの天候はどうか」とつぶやいたところ、「今日の斑尾とそれほど変わらないと教えてくれる人がいたり」と本当に感謝。やはりどう考えてもここよりもさらに悪天候だと予想されるシャルマンは行けそうにない。


と、いうことで行き先変更して、明日の雪山を目指すのだった。



続く。

« 今シーズン初スキー@かぐらスキー場 | トップページ | HAKUBA47 »

雪山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/39290796

この記事へのトラックバック一覧です: 斑尾高原&タングラムスキー場:

« 今シーズン初スキー@かぐらスキー場 | トップページ | HAKUBA47 »