« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月 6日 (土)

シャルマン火打スキー場

ちょっと前のことだけどシャルマンに行ってきた。長年行きたかったのだけど、かなり遠いから日帰りで行くにはかなりの決意と勇気が必要な場所。今回はその決意と勇気を振り絞った。なに、伝説の剣でも探しに行く気なのか、俺は。




大きな地図で見る


一応住所は新潟だけど、ちょっと走ったら富山県という場所。日本海だってすぐそこだ。日帰りで行くには躊躇するのもわかるでしょ?多分、東京から日帰りで行ける範囲の限界かと。ほぼ日本横断。



でも、そうまでしても行く価値があるスキー場なのだ。なぜならスキー場のほとんどの部分が非圧雪であり、自然のままの地形。そしてなんといってスキー場の範囲内ならほぼどこ滑ってもいいのだ。そんなの当たり前じゃないかって思うかもしれないけど、普通のスキー場は、コースとコースの間とか、林の部分とか沢の部分は立ち入り禁止になっている。けれどここはそこすらも滑走オーケーなのだ。つまりコースって概念がない。リフトの下や本当に危険な深い沢は立ち入り禁止のロープが張られてるけど、ほぼ一山丸々滑れる。うおーテンション上がってきた。


今回、せっかくのシャルマンだったのにデジカメ忘れたため、写真は全てケータイからです。



$concourse mixer-DSC00539.JPG



シャルマンへと続く道。この日、スキー場の情報だと山頂は積雪4mオーバー。それだけのことはある山盛りの雪。そしてこの雪が帰りに思わぬ事態を起こすんだけど、その話はまたあとで。








$concourse mixer-DSC00547.JPG


むふふ。さあ、行きますよ。天気は気温が低くかなり雪降ってる。なのでスキー場にはたっぷりのパウダーが積もってます。


膝上ゆるふわパウダーで本当にサイコー。ゆるふわ愛され系。「今冬、シャルマンじゃパウダー板はマストアイテム!」と、ファッション雑誌口調になるほどの楽しさ。


で、思っていた通り、いや想像以上シャルマンというスキー場は素晴らしかった。まずリフトの配置。リフトは3本あるけど、実質クワッド1本でスキー場全てのエリアを滑る事ができるのでとても便利。そしてどこ滑ってもいいってことは、自分でルートを考える楽しさ。それはまるでバックカントリーしているみたい。ツリーランしてもいいし、尾根を滑ってもいいし。ナチュラルパークって感じ。地形で遊ぶってこういうことなんだなーと思った。



$concourse mixer-DSC00559.JPG  $concourse mixer-DSC00553.JPG



この日、ほぼずっと雪が降っていたのだけど、夕方晴れ間が見えたときの景色は最高だった。もっと晴れたら日本海も見えるらしい。


もっとこういうスキー場が増えればいいのに。と思うけど、スキー場側に立って考えるとなかなか難しいのかなあとは想像がつく。自然そのままの地形でどこ滑ってもいいですよ、ってのはやっぱり整地しているところよりは危険が増すから、そこは滑る側が注意しないといけなくなるってこと。だけど、もし何か事故が起こった場合、なんでスキー場は立ち入り禁止にしてないんだ!ってスキー場が批難されるリスクも抱えることになるわけだよね。いや、ちゃんとシャルマンはエリア内の危険な箇所は、インフォメーションセンターとかでちゃんとアナウンスしていたし、僕が思うにはそこから先のことは滑走側の責任だと思うけど、そうじゃないって思う人はきっといると思う。


そしてあと雪崩ね。非圧雪でエリア内ほぼ滑走オーケーにすると、アバランチコントロールがとても難しくなると思う。手間がかかるし、刻々と変わる雪の状況を常に追っかけないといけないしね。シャルマンはそこもしっかりやってて、ホームページにJAN(日本雪崩ネットワーク)にリンクが張ってあって、日に二回、ちゃんと雪の状況をチェックしてるのが分かる。スキー場でJANにこういう風にちゃんと記録を取って送ってるところって僕の知ってる限りあまりない。スキー場で行ったらあとはトマムと谷川岳くらいかな。白馬のバックカントリークラブもやってるところあるけど。



簡単にいうと、山を全て解放ってのは滑走側にもスキー場側にもいろいろリスクが出てくるから、特にスキー場はあまりやりたくないってのは本音だと思う。でも、じゃあなんでシャルマンは開放してくれてるからというと、やっぱり自然の地形の中で、そして非圧雪ってのはもうほんとおもしろいから!きっとこの楽しさを伝えたいんだと思うよ。


最近は、上級者には普段滑れないところも開放するスキー場もいくつか出てきてたりする。ニセコは以前からニセコルールっていうのを作って有名だけど、白馬47は事前にレクチャーを受けると、専用のエリアの滑走を許可してくれたりする。


最近、経営破綻するスキー場が多く耳にするし、大半のスキー場が入場者数は前年割れしている中、こういうやり方は一つの差別かになると思うんだよね。少なくとも俺はシャルマンは毎年行きたいスキー場になったし。





夕方、あと1、2本滑ったら帰ろうかと思ってた時にスキー場にアナウンスが流れた。なんでもスキー場から麓までの道路で雪崩が起きたらしく、今、除雪作業中で通行止めだそうだ。そして一応スキー場も安全のために今日は閉鎖するって。


帰り支度していたら通行止めは解除されて、無事に帰ることが出来たんだけど、その現場が下の写真。


$concourse mixer-DSC00560.JPG   $concourse mixer-DSC00561.JPG


斜面中央からやや右にかけて崩れているところがある。これ、写真だと大したことないように見えるけど、二車線道路の片側が5mくらいにかけてほぼ埋ってしまっているほどの規模。破断面50センチくらいかなー。もっとあったかも。雪崩発生現場を見たのは初めてだったからとても貴重な経験だった。この雪崩で被害にあった人はいないみたいです。




そして、僕らは4時間ほどかけて帰るのでした。


おしまい。














2010年2月 3日 (水)

ビートーク・ラストダンス!?


ビートモーターズのいつもの愉快な面々とビートークを収録してきました!



http://betalk.seesaa.net/?1265145344




いつになく長期のお休み期間を経ての収録でしたが、内容は、いつも通りやっとります。
いや、いつも通りじゃないけどな!



ぜひ聞いてくれ!









« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »