« ビートモータ—ズのライブ | トップページ | 近況 »

2010年4月28日 (水)

講談社birth 第16回最終選考通過!

講談社birth最終選考通過しました!


というか、普段ブログ見てくれている人の中には、「はっ?」って人も多いですよね。あまりここでは
小説書いていること言ってなかったですからね。あまりじゃないですね皆無ですね。


じゃあ、この機会に。


僕は、ある時期から実は相当本気で小説書いてデビューしてやるぜ!って思っていたので、ここ数年は新人賞に投稿する日々を粛々と続けていたのです。といっても、応募するに値する、あるいは満足に仕上げられたと思えるような小説を書けない時期も長かったのでそれほど送ったりはしていないのですが。

一応それなりに本腰入れてやってきたつもりなのに、さすがにこの歳までなんの結果も出ないとなると不安になるし、って、不安になるのはやっぱり新卒で入った会社辞めてますからね、これはかなりでかいっすよ。いや、不安というか覚悟の方が強いかもしれないけど。その選択が間違ってたとは思わないし、今も後悔してないけど、まあ今から考えれば、おい、お前、もうちょっと考えろよ?と思わないでもない。ふと小説を書く手を止めて顔を上げた先には、『ミスト』ばりに濃い霧が立ちこめてて、そこには気味の悪い獰猛な魔物が、俺の自信ややる気やモチベーションを食わんと潜んでいるわけですから、そういうところに君は自ら行くわけ?と。はー感心しないね、と。君分かってないでしょ?

「才能ないのにこんなここと続けててどーなんのよ魔物」がちょー強敵だってことをさっ!



そんな生活の中で出てくるのが、この魔物とどう付き合っていくのか?って問題です。選択肢は二つ。


戦うか、逃げるか。



えー戦うのー?30手前でそんなこと本気思うなんて、正気の沙汰じゃねえって、常識のある人なら思いますよね、わかります。僕がもし女のコで、合コン行って小説家志望って男子にあったら真っ先に却下ですから。超絶イケメン、あるいは年収1000万円なら別ですが。あるいは小栗旬。


そんな濃い霧に一筋の光を差し込んでくれたのが、ここでもなんどか紹介した、そしてビートークを一緒にやっているビートモーターズというバンドでした。彼らとは学生の頃からの知り合いで、その頃からお互いプロを目指していたわけです。畑は違えど、そういうのは支えになるわけですよ奥さん!特に、大学卒業という人生のターニングポイントを超えてなお、非現実的な夢を追いかけてる者同士、どうしたって強いシンパシーを感じずにはいられません。少なくとも僕は。


特にベースの柳川さんとは、仕事辞めた時期も一緒だったし、大学時代からもそういう犬も食わないような青臭いことを語り合ってきたので、自分が結果を出すってことはもちろん、同じくらい彼らが成功するかしないかってのは重要になっていたわけです。



それがちょうど一年前くらいです。そんな彼らから事務所決まった!!って話を聞いたときは、もうそりゃ俺にとっても相当モチベーションが上がる話でしたよ。んーたしかにその後、サマソニだとかCDJだとかに出演していく彼らを見て、あーまずいおいてけぼりくらってる……完全に追いてかれた……と寂しい気持ちにはそりゃなりましたけどね、焦りとか。でも、やっぱりどんどんフィールドが大きくなっていく彼らを見ていたらそんなネガティブな気持ちなんてのはちょっとのことで嬉しいわけです。努力していれば(運とか打席に立つ回数とかも含めてね)、彼らを見ろ!いつか結果になるんだだ!だだだ!!!って思わせてくれるんだから、これほど心強いことはなかったですよ本当に。



で、彼らから一年遅れて、ようやく僕もスタートラインに立つ機会を今回頂きました。




ん?なんかすげー苦労とすげー偉業を達成したみたいな文章になってしまったけど……戦うとか魔物強えーとか言ったって、結局、好きで戦ってるわけですからね。それと30手前がうんたらとかいったけど、年齢は全然関係ないと思います、何かを目指すってことに「遅い」ってことはないよっ!!そうそう、僕は最近「いまさら」って言葉を使うのは意識的に使うのやめました。


この結果は「とりあえず」という括弧つきの結果でしかないのは重々承知。スタートラインに立っただけ。


それでもやっぱりね、柳川さんには、一切商品価値のないどころか、A4用紙にインクを吹き付けただけのただの字の羅列、っていう小説の体をなしていないころから僕の書いたものを読んでもらっていて、特にここ一年は片っ端から恐怖新聞の如く送りつけていたので、彼にこの結果を伝えることが出来たのは嬉しかったし、喜んでもらえたのもとても嬉しいことでした。俺がデビューするのが先か、柳川の寿命が尽きるのが先か、みたいな。




そういうことなので、今後ともよろしくお願いします。



って、あー恥ずかしっ!もうこういう柔らかに溢れたヒューマンな文章なんてブログじゃぜってー書かねえからな!


それではまた。


あ、本になるのは、もうちょい先みたいです。



では、また。






« ビートモータ—ズのライブ | トップページ | 近況 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビートモータ—ズのライブ | トップページ | 近況 »