« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月23日 (日)

『SR サイタノラッパー』の入江監督が東京を去るらしい。

映画監督入江悠日記
「なぜか東京を去る理由」

http://blog.livedoor.jp/norainufilm/archives/51672315.html


これは何かを犠牲に自分のやりたいことをやっていこうとしている人は読んだ方がいいよ。




twitterでなんどか流れてきて知ったんですが、こんなことになってたとは。入江悠監督というのは『SR サイタマノラッパー』というそれはもう素晴らしい映画を撮った監督で、僕も去年TAMA CINEMA FORUMで観てきました(その時の日記はこちら)。



この日記は映画監督に限らず、何かを犠牲にして表現している人には他人事じゃないんじゃないかな。自分のやりたいことがお金に結びつきやすい、ビジネスにしやすいというものならまた話は変わってくるかもしれないけど、アートとか漫画とか音楽とか小説とかそういうことに身を捧げていこうって人には決して他人事ではない話で。で、その中でも映画監督というのが、やろうってなった時に他の表現活動に比べてかなりの金と手間がかかって、しかも収入が入ってくるまでにかなりのタイムラグがあるという。


そういう意味でいうと小説は、お金が入ってくるかは別として本当に資本がかからずにできる表現ですよ。僕自身でいえばパソコンさえあればできるのだから。



でもまあ、結局のところをいえば本人が好きでやっていることなのだから、これは問題だ!なんて大声出すのもまた違うような気がして。入江監督自身もこれが「狂った日本の映画状況」とはいいつ、「誰も悪くない」といってますし。とはいえさ、入江監督クラスでさえこんな状況なのかーとかなりびっくりしたのもまた事実。評価されている人にはちゃんとお金が入っていくシステムを作らないと、才能があって生活が困窮してやめざるをないって人も出てきてしまうし。←げんにこういう人たち多いでしょう(ここ数年、韓国が国を上げて映画盛り上げているのは、多分ここらへんの人をフォローしてたりするのかなーと。いや詳しく知らないので適当いってますが)。


『「音楽が好きで俺はこれで食っていくんだとミュージシャンを目指し、苦節○年で売れた」って人たちがいるけど、そういう人たちは実は実家が金持ちだったりでお金にはあまり困ってなかったりする人も多い』ってよく聞く話であるけどさ、この話の言いたいことは、お金持ちじゃないと夢を追いかけられないってことじゃもちろんなくて、やっぱりお金に余裕があれば夢も追いかけられるけど、そういうのがないならばそれなりに覚悟しろよ、ってことだよね。

で、これは例え音楽なだけで、なんでも当てはまるわけだよね。



とはいえ、売れていなくても将来が生活がどうなるかわからなくても、その道を行かずにはいられない人たち実際にいるし、そういう人たちは最終的には、どうにかなる!と信じて行くしかないんだよね。そそ、どうにかなる!どうにかするんだぞ!わかってんのか!?俺!



そして「SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー傷だらけのライム」が待ち遠しいばかりですよ。






素晴らしいこと

$concourse mixerセブンイレブンに僕の大好きな「白くま」が入荷されてました。もうそんな季節ですね。



先日、久々に関越を走ったら、中央分離帯や路側帯脇が緑に覆われていて、冬の時とはがらっと印象が変わっていてちょっと驚き。



先週一週間、体調を崩してぐずぐずだったのですが、そのせいで早寝早起きが身に付きました。さすがに12時前に寝ると自然と5時6時にはぱっと目が覚めるものですね。いやー素晴らしい。


素晴らしいといえば、最近布団を新調したのですが、その寝心地のよさといったら!あまりの気持ちのよさに布団に入った途端、速攻ぐっすりなわけですが、あまりの気持ちよさにすぐは寝たくないという矛盾した状況が発生中です。寝るけど。



最近PS3がほしい欲求が出てきているのだけど、この家に引っ越して2年弱、一切ゲームをしていないことを考えたらまあどう考えてもいらないよなーと思いつつ、でもブルーレイ見れるしーと思うも、メタルギアとか買ってもしハマっちゃうことなんかあったりしたら(間違いなくハマる)、生活に支障をきたすのでやっぱり買いません。みなさん僕に買えとかけしかけないで下さい。



まとめ。
白くまを食べながら布団の中でPS3やるのは最高だろうなーということ(初夏の関越道に思いを馳せながら)。





2010年5月 9日 (日)

近況

$concourse mixerお久しぶりです。GWは原稿直し一色でほとんどどこも行かずに終わりました。って、いうと忙しそうだけど、もともと予定がなくて、それくらいしかすることがなかったというのが実際のところです。おかげでかなりはかどりましたが。あ、初めて行った講談社の大きさと存在感に恐れおののいて、受付でかなりテンパるという男らしいところを見せてやりましたよ。「なに業者の人?納品とか?」と質問されて「あ、いえ……業者じゃ……。はい、そうですっ!」と言ってやりましたよ。いまだにどういえば正解だったのかよかったのかよくわかりません。



あとGW中にしていたことといえば、「るるぶ四国」を買ってきて、これから四国旅行を計画している人になりきるという妄想をしてたくらいですかね。いえ、行く予定はありませんが。コスプレですね。讃岐うどん食べたいとか。もう四国完璧です!


讃岐うどんといえば、この前池袋の「丸亀製麺」でうどん食べたのですが、全然腹が膨れないので、隣の「一風堂」に行くという人生初の麺のはしごをキメてやりましたよ。ハハハッ!どうだ!!



……。



んーひさびさなのに、なんでこんなに書くことがないんでしょう。

あとは……情熱大陸の2周連続「爆笑問題」を忘れずにみなきゃなーくらいです。なんもないですね、もうやめましょう。



それでは。









« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »