« リベンジ! | トップページ | ヒーローショー »

2010年7月 8日 (木)

宇宙ショーへようこそ

冒頭の、山間にある田舎、の雰囲気だけで、「あ、俺この映画好きだわ」と3秒でわかった。マイマイ新子のときもサマーウォーズのときもそう思って間違いなかったからこれは大丈夫。安心。


と、思ったんだけど、なんかよくわからない。途中、ちょっとテンポ悪いなー、もうちょっとコンパクトにできそう、と思ったんだけど、もしかしたらあの上映時間を必要とするなにかがあるのかもしれない。少なくともそう思わせる何かがある気配は感じました。


と、いうように、俺、正直ちゃんと掴まてない。見ていて、んーこれはなんだ、なんだと思うところが少なくない数あって、マクガフィン的なものが出てくるけど、なんでそこまで禁止されているのかとか、で、その星は……なんなの?とか。あと出てくるSF的なガジェットにビビっとくるものがあまりなかったり。ただスターウォーズ的なものとか、マトリックスしてるところとか思わずニンマリな描写があったり、あと冒頭の格闘シーン、あれはちょっとアガりました。これは!と期待したのだけど、その後あまり戦い方変わっていなかったしなー。んー。


と、あまり面白くない言い方しているようですが、いえいえ、とてもおもしろかったのよ。ええ。もう一度観に行くのはやぶさかじゃないっす。というか行きたい。俺がよくわからなかったのって、色々詰め込んであって情報量が多すぎて整理できていないだけだと思うから、二回目はすんなりいける気がします。いや、むしろ設定とあのアートワークからしたらどう考えたって大好物で、それなのになんか乗り切れなかったみたいなところからくる戸惑いが観ている間ずっと消えなくて。あれ、なんで話に入れないのだろう、好きなはずなのにー。というこのもどかしい気持ち。

「私、絶対あの人のこと好きになれる自信あるし!」「でも、ユカ、まだ話したこともないんでしょ?コクるの早くない?」「ううん、とりあえず付き合ってみてってのあんじゃん、で、絶対相性いいはず!」と思った付き合ってみるユカちゃんなのだけど、あれ、なんか違う。趣味も価値観もあうのになぜかすれ違い。

みたいな気持ち、観終わったあと。ユカって誰だよ。

んーなんか変則的なカット割とかしてて、それが心になにか違和感を残してんのかなとも思ったけど、そこらへん全然詳しくないのでよくわからないっす。


とはいっても難しい映画じゃないです。軸はしっかりと、わかりやすくあります。それはとてもオーソドックス。一言でいうなら、成長物語。




去年のサマーウォーズのときも思ったけど、やっぱりさ、夏に夏の映画みるってのはいいですよ、わさび畑とか綺麗だったなー。


とりあえず観ようか迷っている人いたら、ホームページみて、あの雰囲気におっ!とくるような人は、安心していっちゃってください。あとホットパンツ?ショートパンツ?どっちがどっちなのか俺その違いがよくわかってませんが、あれ好きな人も行きなさい。悪くないですよ。そう、最近自分でわかったことなのだけど、俺ショートパンツ隙ですよっと(と、わざと誤字で)、ははー(って、この映画でこれ言うと、ある誤解される危険性を孕んでいるのを承知でいってるけど、それは違いますからねっ!)。



そういうわけ……じゃけっしてないけど、男大過ぎ。場内、2/3くらい埋まってたんだけど、9対1でした。夜だったこともあるだろうけど、20代後半から30代くらい、女子すくねー男一人おおいー。


ま、色々いいましたが、もうまさに「スペクタクル!」という光景が、巨大スクリーンに映しだされる、その一点を観にいくというだけでも、これはよかったと思わせてくれる映画です。なのでこの映画、なるべく大きなスクリーンで観る事をお勧めします。バルトの6という大きなスクリーンで観れたのはよかった。






« リベンジ! | トップページ | ヒーローショー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/37551083

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙ショーへようこそ:

« リベンジ! | トップページ | ヒーローショー »