« 次回更新! | トップページ | 雪崩安全セミナーに行ってきた。 »

2010年11月 6日 (土)

渓流釣り〜野麦峠〜

Rimg0023


人生にダイナミズムを与える、とはいったもののちょっと待て。ここらで今一度人生について考えてみようではないか。


人生はいろいろなコトモノに例えられるけど、例えば山だったり道だったり車だったりダムだったり……と。それは激動に変化する時期もあれば、それほど変化のないいわゆる充電期間のような一見停滞しているように見える生活が続く時期もあり、これって激流もありザラ瀬もありゆったりと流れる河口付近もありと、つまり川のようだということもできるのではないか?

川は最終的に海に出るわけだけど、生前に死んだら海に散骨してくれと願う人がいるように、それまでの人生を川と例えるならまさしくそれは最後は大海原で大往生、という意味が込められていたりするわけで、だからこそ『ビッグリボウスキ』のラストが最高だってことを俺はいいたいのだ!!


……いや、話がそれたが、つまり我々の人生は「川」であって、すなわちそれは川を観察し川に触れれば少しはこの混迷を極める私の人生の進むべき道というものも見えてくるのではないか、ということで、


人生にダイナミズムを与える第二弾!

渓流釣りに行ってきた(マジ前置き長い、しかも川ありき。&後付けでシリーズ化)。












$concourse mixer山形は月山での渓流釣りからほぼ一年ぶり。9月下旬に行ったのだけど今年はあまり休みが取れなかったので一泊二日、長野と岐阜の県境、野麦峠に決定。


午前三時半出発、中央道に乗った瞬間がっつり事故渋滞に巻き込まれたりしつつ、午前八時松本到着。スーパーで今日、明日の食料を買い込み、いざ野麦峠へ。








$concourse mixer野麦峠は途中まで上高地へと向かう道と同じ。そのため連休のど真ん中ということもあって上高地に行く観光客で道はけっこう混んでた。


この写真が分岐。右が上高地で、左が野麦峠。当然左に行く訳ですが、ちょっと寄り道上高地方面へ向かいます。











$concourse mixer



長いトンネルを抜けると奈川渡ダムだった。といったのは川端康成先生ではなく、俺。この下流には、水殿ダム、稲核ダムと狭い範囲に三つのダムがひしめき合っているのだ。


宿泊地は野麦峠スキー場の麓にある高ソメキャンプ場。テント張ったりなんだりで釣りに行く用意ができたのは10時過ぎになってしまった。当初は野麦峠を超え岐阜県側に降りてやろうと思っていたんだけど、考えてみたら岐阜県側の禁漁期間を調べていなかった。なので9月30日までは大丈夫とわかっている長野県側でやることにする。(禁漁期間は漁協組合によって違うため)。


Rimg0028  Rimg0035_3


なかなかよろしい沢の形。なんだけど、最初にリリースサイズのイワナが何度かかかっただけでその後は手応えなし。午後になり沢を変えても似たようなもので16時過ぎに今日は終了。
明日の朝に期待。







Rimg0061


キャンプは好きでも嫌いでもないけど、いや寒いし暑いしでどちらかというと俺の中では面倒くさい部類に属しているのだけど、それでもたき火ができるのであれば俺は行くぞ。そのくらいたき火は素晴らしい。たき火のためにキャンプに行くみたいなもんですよ。ほんとたき火楽しい。たき火マジLOVE。







Rimg0093_4  Rimg0111_3





                                                                               
                                                                                                                                       朝5時起床。けっこうな雨が降っていたので二度寝。6時に起きて朝食。チキンラーメンにパン。うまーい。小雨ぱらつくなか、釣りに出発。

一時間ほど釣り糸を垂らすも一切アタリがこない。ウンともスンともいわない。天気も悪いし、そろそろ上がって蕎麦でも食って帰ろうか。沢から道に上がれる場所を探しながらやっていたところ……、





Rimg0125




きたー!でかい!!

29センチと、残念ながらぎりぎり尺はなかったけどこの一匹で満足(写真だとあまり大きさが伝わらないな。比較するもの置けばよかった)。

終わり。




« 次回更新! | トップページ | 雪崩安全セミナーに行ってきた。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/37551067

この記事へのトラックバック一覧です: 渓流釣り〜野麦峠〜:

« 次回更新! | トップページ | 雪崩安全セミナーに行ってきた。 »