« 初滑り@宝台樹スキー場 | トップページ | Time Machineでバックアップ取ったときの記録 »

2011年1月11日 (火)

2011/1/02 裏磐梯猫魔スキー場

20110102_0506


宝台樹に続いて行ったのが猫魔スキー場。残念、今回はミクロファインスノーの恩恵には預かれなかった……。


1月1日の夜11時を少し過ぎて出発。今回は2日の夜も一応泊まりを予定していたので遠出してみようと前々から行きたかった猫魔スキー場に決定。明けて3日の日に滑るかどうかまだ決めておらず。

30日〜元旦にかけてけっこうな降雪予報が出ていたのだけど、出発の時点でどうもそこまでの降雪はない模様。しかし磐梯山の裏側は降るときはとんでもない量降るので侮れないが。


2時半頃に猪苗代磐梯高原IC近くのセブンイレブンに到着し車中泊。

が!

ここで問題発生。寝袋を忘れるという大失態。外はマイナス1度くらいとそれほど寒くないとはいえ、ウェア着たり完全防寒してもさすがに明け方はかなり寒くなるよな……と落ち込んでいたところ、友人が簡易寝袋(こういうやつね→http://www.amazon.co.jp/dp/B000FQPIU6?)tag=tamasupotujim-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=B000FQPIU6&adid=1DQQ6CTNS7KX353B4E44&)を非常用に持っていたので借りることに。

しかし冷え込みが強くなってきた4時前くらいからはほとんど眠れずに朝を迎える。簡易寝袋の使い心地はないよりはあった方がいいというレベルで、災害時などは役に立つだろう。けれど一番の問題はこれだけじゃ寒いってところではなくて(それは予想できるし今回の気温レベルで車の中という条件なら我慢できる)、寝ているうちに袋の内側に思いっきり結露が出来てそれが不快でしょうがないということ。結露が体に触れないようにするため寝袋を体から離して、とかやってると結局寝袋の中には冷たい外気が侵入してくるし。寝袋だけじゃ寒いときとかにその上から使用するとかならアリかも。まあ最初の2時間弱は寝れたし、そもそも寝袋忘れた僕が悪いんです。



20110102_0476

20110102_0493


7時過ぎ、パラパラと細かい雪が降る中出発。この時点では雲の切れ間から青空ものぞいていたのだけど、磐梯山の裏へ回ると風が出てきて降雪も強くなる。

そして、スキー場の駐車場に着くと……、



20110102_0504




こんな具合に。軽そうな雪ががんがん降っている。わ〜いパウダーだ!!と喜ぶというよりは、吹雪の中滑るのやだなー、今の板センター幅が狭くてパウダーだとどんどん沈んで行っちゃって相当後傾にならざるおえずツライし……とぐだぐだ気味で支度する。

それにしてもさすが福島、いわきやつくば、水戸など関越道ではあまり見かけないナンバーが多い。

ゲレンデに行ってみると、雪は強いけど風はほとんどなくてテンション盛り返してくる。

あ、そうだ。猫魔は年末年始は6時から一本だけリフト動かしているらしく(6時て!?)それを狙おうというプランおあったけど、この日は前日からの降雪もほとんどないようなので早起きして滑るほどの魅力はないと判断。結果的には参加しなくて正解だったかな。



20110102_0518


右、中央、左と扇型に広がる三つの山でなりたっていて、それがゲレンデ下部で一つにつながっているレイアウト。とりあえず下の方で何本か滑る。前日降雪がないため非圧雪はコブコブ&アイスであまりおもしろくない。猫魔がウリにしているミクロファインスノーな雪をばふばふ滑って見たかったんだけど残念(駐車場でパウダーやだなあとか言ってたけどその心配はなかった)。

じゃあ今日はひたすら基礎練基礎練とカービングターンの練習。ピステンかかったところはエッジがちゃんと噛んでくれるくらいに柔らかかく、その上に10センチほどの新雪でカービングターンにはとっても最適。ちょっと荒れたりアイスなだけで板がバラついてしまうのを克服克服と真面目に滑る。


昼飯はだし汁をかけて食べる「塩カツ丼」というのがそこそこボリュームあり、うまい。ただ1100円は高い。


20110102_0536


午後2時まで滑って休憩。20分くらいの仮眠も。ほぼ一日どんよりとした雪雲で覆われていたけど、再び滑り始めた15時頃にようやく晴れ間が見えてくる。4時前に終了。

斜度的には練習に最適なコースは多いけど、滑っていておもしろい!と言えるほどのコースはなかったかなあ〜。コンディション的なものもあるけど。ゴン降りパウダーの日を除けば、この距離を運転してまでわざわざ来たいとはそんなに思えなかった。あとゲレンデのレイアウト的に三つの山が独立してしまっているために、コースを絡めて滑るというようなことがあまりできないのでそれもちょっとマイナス要因。ただ晴れた日の山頂から景色は一度見たいな。


今回は日帰りではないため予約している郡山のビジネスホテルまで下道で向かう。17時くらいに到着。

さてここで明日滑って帰ろうか、それとも滑らずに帰るか問題。渋滞も予想されるので滑るにしても午前中だけだからなあ……ということでスキーはしない方向で決定。ちゃんとしたベッドで寝るくせにスキーしないとか贅沢すぎて去年の俺に殴られると思う。

とはいえ、さすがにストレートに帰るのはもったいないということで、帰りは磐越東線と平行して走る49号線を走っていわきまで出てそこから常磐道で帰宅。たいした渋滞もなく14時前には帰宅。

« 初滑り@宝台樹スキー場 | トップページ | Time Machineでバックアップ取ったときの記録 »

雪山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/38406774

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/1/02 裏磐梯猫魔スキー場:

« 初滑り@宝台樹スキー場 | トップページ | Time Machineでバックアップ取ったときの記録 »