« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

小説を書く楽しさ

着地点が決まり最後へと向かっていくエピローグ的エピソードを書いているときが楽しいと以前書いた事があった気がするけど(あれ、ここでは書いてなかったけ?)、それ意外は辛く楽しくはないことの方が多いってのが正直なところで、それでも最後の最後の本当に最後の一行を書ききるとすべて報われるくらい嬉しいのです。


俺はあの最後の一行を書くために書いてるのかなーと最近思ったりしたのでした。


この最後の一行を書き終わるときの満足感と気持ち良さを他のものに例えるとそうだなー、射精だな、マジ。


……って、例えたところでこれじゃあ男しかわからんじゃないかっていうことに気がついたし、むしろ射精は山場を書き終えたところであってエピローグは後戯じゃないのか、 とかどんどん小説書く事をセッ……つーかそれ以前にこの例えでいくと射精以外辛く楽しくないって話にならないか? と例え話として破綻していることが判明しましたが書いてしまったので消さずにいきたいと思います。



2012年5月20日 (日)

食中毒になった。

初めて食中毒になったので、また何かあったときのためにその経過を記録。



5/7

夕方くらいから体重たいな〜という実感はあったけれど仕事で疲れたのだろう程度。仕事終了後、ちょっと用事がありそれを済ませたのが22時。この日はそれほど寒くなかったのに外歩いていると肌寒いというか悪寒? 風邪っぽいやべえなあ。お腹減ってたので某ラーメンチェーンのラーメンと餃子(とお店の名前を伏せているのはこの食事が原因ではないと思われるため)を完食。しかし食べ終わってこれがトリガーになったのかわからないけど熱上がってる&体の怠さのレベルが上がってる感あり。まずいまずいまずい、とはいえここ2年くらい何の前触れもなく夕方から夜にかけて熱が急激に上がる知恵熱的な症状を年に2度くらいやっていて、いずれも暖かくして寝て汗いっぱいかくと翌日ほぼ完治しているという経験があったので今回もそれだろうくらいの認識。しかし家帰っている途中、お腹下したっぽい感じ&気持ち悪いも出てきて、おや?これは……とは思った。帰宅して風呂も入らずそっこー寝る。ぐー。


続きを読む "食中毒になった。" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »