« グルスキー展に行ってきた。 | トップページ | 関東に強い台風が迫っていた9月のある日のこと。 »

2013年9月18日 (水)

2013年の夏。

申し訳サマーフェス@代官山UNIT。時間は明け方五時過ぎ、DJはミッチィーさん。それまで隣でサイドキックしてた宇多丸師匠がラップはじめる「サマー・アンセム feat. 小野瀬雅生(CRAZY KEN BAND)」のかっこよさ! にやられて以来こればっか聴きながらそれに合わせて変な踊りしつつ夜ご飯作ったりしてるんだけど、この曲が入ったアルバム(ミニアルバム?)ってもう二年前なのな。俺たちの夏はそのときしかないわけで自粛とかいわれてもなーってのは俺が10代〜20代前半だったら少なからず思っていただろうし、でもそんなの表立って言えない空気みたいのがあったあの時、そんな気持ちをおっさんたちが声あげてるってのはいいよなーと、あの2011年の夏に。うん。さすがに俺はもう夏が来て無駄にテンションアガる!って歳でもなくなったけどさ。ま、そういうことを改めて思ったわけよ。嘘、やっぱ多少気分高揚するよね、夏は。



今年の夏、何か夏らしいことしたかなー? って思い返してみても特に何もしてないのだけどそれは今年に限ったわけじゃなくて毎年そういうもんだ。少し前のコカコーラやポカリスウェットのCMみたいな夏が今まであったかよ? ちょっと思い出してみろって。あそことは世界が違うってことをさ。


この夏からプールに泳ぎに行き始めた。レジャーではなくてエクササイズ方向で。
何のためにかって? そこだよ俺がひっかかってのは。


早く走るため、やっているスポーツの向上のため、体力をつけるため、ダイエットのためとかの「何か」のために筋トレならわかるんだけど、そういうの無しに筋トレのための筋トレってなに? と思ってたところがあったのよ。こう、剥き出しのマッチョイズムみたいなところに拒否反応まではいかないけどちょっと距離を置きたいというか。 いやわかるよ、引き締まったボクシング体系なんか見るとかっこいいと思うしあこがれを持つのも。でもその体型を手に入れるためだけに筋トレ? だったらボクシングやるわ、そういうポリシーみたいなやつ。 

当然じゃあてめえの今のプール通いはなんのためなんだよって話が出てくる。これに関しては、なんも言えねえっ! ……。


あ?

なんだよ?

べ、別に水泳だからって、ひ、ひひひひひひひっかけたわけじゃねえし……(震え声)。


体力衰えまくりだし学生時代と体重変わったわけじゃないけど今後太りやすくはなるだろうしみたいな理由はあるんだけど、どれも些細なことで大きな理由は特にないんだ。だからもう俺は筋トレのための筋トレを嫌悪できない。泳ぎたいから泳ぐし、そこにプールがあるから泳ぐ。とかなんとか。


始めてみていいなと思ったのは、ここ最近運動してなかったこともあって、同じ距離泳いでも前回より疲れなくなったり、カラダもちょっと引き締まった? というわかりやすい効果がわりとすぐに実感出来たこと。こうなると楽しいよね。まあ踊り場現象はもうすでにきてるから、ここからはまた別の楽しみを見つけないといけないんだけど。


しかし自分の中にこんなマッチョ性が隠れていた……! と若干の戦慄を覚えているんだけどターザン買う日もそう遠くないのか? いやそれはない。といいつつ以前に一度だけ買ったことあったわー山ピー表紙のやつ数年前に一度買ったことあったわー。


泳ぎ始めた細かな理由をもうちょっと思い出してみるとストレス解消になるんじゃないかってのはあって。カラダうんぬんおいといても気分転換になりそうだし。実際泳ぐのってかなりリフレッシュできる。もしかして適度な疲労ってのは、小さな心配事を忘れさせてくれるからかもしれない。でも運動がストレス解消になるみたいのはよく聞くけど、それは運動がストレスにならない人の話だからなあ。家でゴロゴロしてるのがストレス解消になるならそれはそれでいいだろう。泳ぐ必要なんかないし皇居も走る必要はない!


気分転換になるのは予想の範囲だったけど、逆に思ってみなかったこととしては、今の泳ぎ方で悪いところはどこでそこを直すにはどうすればいいのかって考えながら泳ぐのがすごく楽しいと思えたことだ。外からカメラで撮って見返しているわけじゃないから細かいところはわからないけど、どうもちぐはぐなのはわかる。学校の授業以外できちんと泳ぎを習ったことはないけれどプールの時間は嫌いじゃなかったしそこそこ泳げるくらいの自信はあったから、体育の授業レベルなら運動神経でどうにかなってた部分があって、効率のいいフォームとは? というようなことを考えて泳いだことなかったのだ。

けれど今の俺の中にはオリンピック選手や水泳がうまい人間のゆったりした動作なのにぐいぐい前へ進む美しいフォームの理想系が頭の中にある。そういうことを考えながら泳いでいる。すると自分の泳ぎの無駄な動きや雑さがわかる。だって全然すすまねーし。だけどどう修正すればいいのかわからないから試行錯誤しながら泳いでいて、でもこれが楽しいのだ。このモチベーションでちゃんと教えてもらったりしたら成長するんだろうけど、そこまでしようって気持ちは今のところない。


運動に限らず、学生の頃こういう意識で勉強なんかも取り組んだりしてたら俺ももうちょっと頭良くなってたのでは……と思わずにはいられない。俺、教科書がむしゃらに丸暗記派だったからさ……。


« グルスキー展に行ってきた。 | トップページ | 関東に強い台風が迫っていた9月のある日のこと。 »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

運動に限らず、学生の頃こういう意識で勉強なんかも取り組んだりしてたら俺ももうちょっと頭良くなってた…


わかる、わかるよ〜
でもそれに気がついた時点で私たちはすっかりおじさんおばさんになってるんだよね〜残念


今年も運動会では転んでいたお父さんがいっぱいいたよ、年取るって怖いわね

あ、あべでした。

転んじゃうのは以前は運動出来た人に多いのかもなー。昔と同じように動けると思って走るけど体がついていかなかったみたいな……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/53300695

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年の夏。:

« グルスキー展に行ってきた。 | トップページ | 関東に強い台風が迫っていた9月のある日のこと。 »