« 関東に強い台風が迫っていた9月のある日のこと。 | トップページ | 深夜のうどん »

2013年11月29日 (金)

関東に強い台風が迫っていた9月のある日のこと。(続き)

20130916_3079

6時起床で確認するのは気象情報。ぐう……アウトや……完全にアウトじゃないですか。なんか京都の街水没してるし……。昨日あのあたりの雨はたしかにすごかったけどこれほどとは。

予報は昨日と変わらず台風が関東抜けるのは15時くらい。

とりあえず新幹線の予約状況確認するためサイバーステーション(もはやレトロ感すらある名称)にアクセス。


やはり満席が多い。空いている列車も空席が残り少ないことを示す△マークばかり。今のうちに抑えておきたいが近くにみどりの窓口があるわけでもないし、新幹線の予約って専用クレジットカードないとできないんじゃなかったっけ? 

一応JR西日本のサイトで確認すると、ネットも電話もオーケーとある。あれはJR東海だけの話か。さっそく電話して16時5分の列車を確保。オペレーターの人に現在新大阪以東はのぞみは止まってて今後最悪運休もあるから、と確認される。16時出発なら関東は台風抜けているだろうし、とりあえず足を確保できたことで一段落。



20130916_3073


13時すぎ岡山駅へ。風は強いけれどごらんのとおり晴天。


改札行って詳しい状況確認。のぞみは新大阪止まりで折り返し運転。その先はひかりが静岡あたりまで行ってるけど富士川が危険水位でその区間運転見合わせ。開通の目処は無し。この時点でちょうど台風は静岡抜けるか抜かないかあたりでまだ天候回復には時間かかりそうだし、天候回復したからって河川の水位がすぐに引くとは思えないので、16時って、あれ……けっこうきわどい?
動かなかった場合を駅員の人に尋ねると、大阪ついたらそこで待ってもらうかひかりに乗り換えてもらうけどその先は動けば行くし最悪運休になるかも、とのこと。


予約したきっぷを発券するためにみどりの窓口へ。すげー並んでる……。一時間待ちは必須レベル。さすが大都会岡山である。


並びながら洞察力を駆使して眺めていると自動券売機は空いていることに気づく。そこに予約してれば券売機でも発券できるぜって書いてあるので並ばずにノータイムで発券。朝の俺GJ!



お昼食べてもまだ時間あるし駅周辺ぶらぶらするかと目に飛び込んできたのが路面電車。

20130916_3076

「なぜ乗るの?」

「そこに走っているから」

で、おなじみの路面電車である。つまり理由はなくとも乗らなければならない、乗らずにはいられないのだ。運転手さん、100円で乗れる最長区間まで頼むゼ。


駅から後楽園近くの電停(なんていい響き!)まで乗り本屋行ったりアーケード商店街をウロウロしつつ、頭の中は新幹線動かなかったときの対策でいっぱい。


条件……明日の仕事始まる前に帰れること。ただし荷物や着替えが必要だから一旦家に帰れる時間もほしい。となると、タイムリミットは東京に朝8時着。

今日は岡山に泊まって始発6時の新幹線で帰るプラン。再びサイバーステーションで検索検索。お、空席。しかし東京着は9時半。かなりの遅刻になるため保留。

続いて時間的には大丈夫だろう深夜バス。検索……満席!

あとは……なんかある? 

……サンライズ出雲か。今やレッドリストのカテゴリーで行ったらCRレベルの絶滅危惧種、寝台列車である。岡山22時30分発の東京駅7時過ぎに着くとか条件もいいし、なんたってサンライズに乗れるのである。以前出雲から乗ったときは雑魚寝車両だったので今回は奮発して個室と洒落こもうじゃないか。というかむしろこれで帰りたいんですけど。カモン、サイバーステーション! 


表示は△!! 


朝と同様電話予約で確保して、新幹線の方はキャンセル? いや待てよ……。ちょっと懸念があって一応念のためJR西日本のサイトで運行情報をチェック。


……はい運休!! 


やっぱりそうだよね、大幅にダイヤ乱れてるときってJR各社またがって運行してるやつ真っ先に切られるの法則。

となるとこのまま動かなかった場合、朝一新幹線しかなくないか? あ、あととりあえず今の切符で新大阪まで行ってそこで泊まる or  行けるとことまで行って泊まって始発で帰るパターンだけど、不確定すぎるし行った先で途方に暮れたくはない。無しだな。



時間は14時。あとちょっとで決断しないとまずいが喫茶店に入ってとりあえず落ち着こう。近くにあった昔ながらの喫茶店に入ってコーヒーを注文。再び思案。


14時半過ぎ、ここで新しい情報がJR東海のサイトに上がる。「富士川の危険水位は下がったから安全点検が終わり次第走らせるよ!」の情報が! ボルテージは一気に最高潮へ。気色ばむオーディエンス! 沸き立つスタジアム! がそのすぐ下に「復旧にはあと数時間くらいかかると思う」な文章があり拳を振り上げたオーディエンスの歓喜も「俺たちの革命もここまでか……」と一瞬にして萎む。


だがしかし! この世界は情報を制するものが世界を制するんや! と強い気持ちを持ってお天気アプリを立ち上げ、強い愛でもって雨雲レーダーを確認。静岡あたりは一時間前くらいから雨は止んでるっぽい。

となると、ここでサイトに書かれた「復旧まで数時間」をどう読むかという話になってくる。


つか……、さっきからあみんの「待つわ」がずっとリピートされてるんだけど何なのここ……。新幹線動くのを待ち続けている俺の心情を察したマスターの選曲? 岡山始まってるな。俺はいつまでもは待たないけど。


16時に出発して新大阪までは約50分。つまり出発した時点で新大阪以東が運転見合わせしてても構わない。新大阪到着の時点で、あるいは着いてから富士川が通れるようになっていればいいのだから。と、考えるとちょっと前から雨も止んでるし「運転再開まで数時間」というのはかけてもいい数字に見えてくる。この後再び雨が降るってこともなさそうだし。


乗るか。と決めかけたとき、それまでもツイッターで「新幹線、運転再開」とかで定期的に検索かけていたツイートの中に「今品川駅でで15時から全線運転再開するって放送流れた」なるツイート発見! 検索しなおすと似たような内容のツイートがバンバンひっかっかってくる。


15時過ぎて東海のサイトにアクセスするとさっきの「運転再開まで数時間の見込み」の文章は引っ込められ「速度を落として全線運転再開」がアップされてるー! 溢れ出る東海への感謝の気持ちでスタジアムは揺れに揺れ、誰からともなく口ずさみはじめるViva! の大合唱。


Viva……! Viva……! Viva La Revolution……!!(雑すぎる伏線ですらない何かを回収)



ということで、徐行運転ありの定刻より1時間近くオーバー4時間半くらいかかって東京着だったけど、その日のうちに無事に東京に帰ってくることが出来たので大変おだやかな気持ちでいられたのでした。



終わり。

« 関東に強い台風が迫っていた9月のある日のこと。 | トップページ | 深夜のうどん »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1431637/54087128

この記事へのトラックバック一覧です: 関東に強い台風が迫っていた9月のある日のこと。(続き):

« 関東に強い台風が迫っていた9月のある日のこと。 | トップページ | 深夜のうどん »